お金に嫌われる人のマインド

みなさん、資産形成進んでいますか?


お金に好かれていれば、順調に資産形成できていると思います。


お金に好かれて、お金を沢山貯めたいんだ!




お金に好かれるためには、お金に嫌われる考え方をしないことが大切です。

今回は、お金に嫌われる人がどんな考えの人が多いかを記事にしたいと思います。

是非、このような考え方にならないように気をつけていただければ幸いです。

お金に好かれるマインドを持とう!


お金を稼ぐことが汚いことだと思っている


お金持ちに対してヘイトを溜めたり、そもそもお金稼ぎが悪いことだと思っている人が一定数います。

このブログでも書いている、クラウドファンディングやオンラインサロンなんかでも、こう言ったお金の集め方をしただけで、叩いてくる人がいます。

そういう人は、総じて行動をしません。

行動をしないまま、収入を得ている人たちに対して文句だけを連ねています。

成功者の真似をすることもせず、ただただ否定をしてしまう。

否定をする前に、自分でやってみることをお勧めします。

行動もせず、お金稼ぎに対して文句を言っている人には一生お金は回ってきません。

お金を稼ぐことは、汚いことでも無いし、お金持ちが全て悪人なんてことは絶対ありません。

考えを改めるようにしましょう。

寄付をする人に対しての穿った見方もやめましょう。



お金大好きって言えるようになる事をお勧めする!


お金を使うことが損だと考える



お金を使う時に、損得で考えていませんか?

お金に嫌われる人は、お金を使うこと自体を損な事だと考えます。

友達と食事に行った時に、損をしたくないからと絶対に奢らず、一円単位まで割り勘にする人とか正にですね。

なんなら奢ってもらわなければ、食事に行かないと言う人までいるのも現実です。

そう言う考えの人には、やはりお金は巡ってきません。

お金を払わないことで、損を回避したつもりでも、人間関係など色々な面で損をしています。

結果として、将来的にもお金に嫌われてしまうのです。

お金に好かれる人の考えは、食事などの空間を楽しんでくれた相手に対して、感謝の気持ちがあるので、喜んでお金を払います。

楽しい時間をありがとうって言えるくらいの心の余裕があるのです。

お金を払うという事に対して、ネガティブな感情ばかりだといけないと言う事ですね。

お金を払って手にしたことに対して感謝をしよう!



お金は使えば無くなる物だと考えている



お金に嫌われてしまう人は、とにかく使ったら無くなってしまうと思い込んでいます。

なので、先ほども書いたように使う事が損に思えてきて使わなくなってしまいます。

お金と言うものは、世の中で循環している物です。

使うところをしっかりしておけば、必ず巡り巡って返ってきます。

ギャンブルだったり、見栄のための使用だったりすると無くなるだけですが…


有意義なお金の使い方が出来れば、お金が無くなってしまうと言う考えではなく、投資としての考え方に変えていけると思います。

お金は循環していくもの。ただただ抱え込んでいるだけでは嫌われるよ。



お金管理の家計簿アプリはこちら

他人のために使うのが馬鹿馬鹿しいと思っている


タルムード金言集にもあるように、ノーペインノーゲインの考え方があります。 

お金は与える人のもとに入ってくるのです。

犠牲を払わずに成功した人は一人もいません。

人に与えもせずに、自分に与えてもらおうなんて虫が良すぎます。

他人のために、自分を犠牲にしてギブをすることで、結果として与えてもらうことができます。

他人のために、何もしたくないと言う人には、誰も何もしてくれなくなります。

それは、お金だけではなく、生活全てに当てはまっていくと思います。

ケチケチした状態を続けている人に未来はないと思います。

与えて欲しいのであれば、まず自分が人に与える事がスタートだよ。


お金の勉強にお勧めの一冊はこちら




まとめ

お金に嫌われる人のマインドをテーマに書かせていただきました。

  • お金を稼ぐ事が汚いことだと思っている
  • お金を使う事が損だと考えている
  • お金は使えば無くなるものだと思っている
  • 他人のために使う事が馬鹿馬鹿しいと思っている



日本においては、お金を稼ぐ事自体が悪いことであると言う変なイメージが先行しています。

自分が幸せでいられるように、お金を稼いで、有意義な使い方をするのが一番ベストだと思います。

そのためには、人に与えるマインドを持って、全員が勝つという使い方ができたらいいですね。

お金と上手に向き合っていこう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。